備忘録:Ryzen 5 3600のLinuxでUnixBench

じゃんくはっく
じゃんくはっく

WordPressの仕事が終わったんで、今日は好きなことやるよ!

WordPressの仕事もやってるのね!

ぴー
ぴー
じゃんくはっく
じゃんくはっく

だいたい、何でも頼まれたらやっちゃうよ!w

で、Linuxはubuntuですか?

ぴー
ぴー

そういえば、だいぶ前にRyzen 5 3600をメインマシンにしたんですが、これでLinux動かしてなくて、UnixBenchのスコアが気になっていました。Diskはさくっと入れ替えられるよう、2.5inchの脱着ベイをつけてありますので今回はこのマシンにUbuntuを入れてUnixBenchを計測してみようと思います。

Intelチップ、2022年までしばらくさようなら!
投稿日:  更新日:2020年11月13日

Link

もう1年以上使っていますね。intelがRyzenを盛り返すまで繋ぎで使っているんですが、なかなかintelは画期的なのを出しませんね。AppleはM1のオリジナルCPU出してきたし、5年後はintelが昔のAMDみたいになっていなければいいんですが。

Ubuntu 20.04.1 LTSでUnixBench

MacOS10.14.x でUnixBenchを計測した時は、マルチCPUで2323.1でした。Ubuntu 20.04.1 LTSで、Ryzen 5 3600は以下のスコアです。

UNIX Benchmarks (Version 5.1.3) on AMD Ryzen 5 3600

Single-Core Score:2422.6
Multi-Core Score:7919.0

詳細は以下です。SSDは、SLCのsata2 64GBです。

   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: mone: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 5.4.0-42-generic -- #46-Ubuntu SMP Fri Jul 10 00:24:02 UTC 2020
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 日  5月 30 2021 00:29:08 - 00:57:06
12 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       50630225.0 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     9059.2 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput                               7946.0 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks       1256459.1 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          338174.5 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       3192098.2 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             2633467.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 364452.5 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              10672.3 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                  10448.3 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   5218.2 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        3716288.0 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   50630225.0   4338.5
Double-Precision Whetstone                       55.0       9059.2   1647.1
Execl Throughput                                 43.0       7946.0   1847.9
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0    1256459.1   3172.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     338174.5   2043.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    3192098.2   5503.6
Pipe Throughput                               12440.0    2633467.7   2116.9
Pipe-based Context Switching                   4000.0     364452.5    911.1
Process Creation                                126.0      10672.3    847.0
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4      10448.3   2464.2
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       5218.2   8697.0
System Call Overhead                          15000.0    3716288.0   2477.5
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        2422.6

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 日  5月 30 2021 00:57:06 - 01:25:17
12 CPUs in system; running 12 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables      377415057.2 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                    85109.8 MWIPS (9.8 s, 7 samples)
Execl Throughput                              38242.8 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        870656.3 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          231207.7 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       2754722.9 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                            17510677.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                1622682.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              70024.7 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                  67019.5 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                  10011.7 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                       16785255.3 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0  377415057.2  32340.6
Double-Precision Whetstone                       55.0      85109.8  15474.5
Execl Throughput                                 43.0      38242.8   8893.7
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     870656.3   2198.6
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     231207.7   1397.0
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    2754722.9   4749.5
Pipe Throughput                               12440.0   17510677.3  14076.1
Pipe-based Context Switching                   4000.0    1622682.3   4056.7
Process Creation                                126.0      70024.7   5557.5
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4      67019.5  15806.5
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0      10011.7  16686.2
System Call Overhead                          15000.0   16785255.3  11190.2
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        7919.0

同じRyzenだと、ThinkCentre M75q-1 Tiny のRyzen 5 Pro 3400GE (3.30GHz, 2MB) が以下のスコアです。

UNIX Benchmarks (Version 5.1.3) on Ryzen 5 Pro 3400GE (3.30GHz, 2MB)

Single-Core Score:2151.7
Multi-Core Score:6552.1

Ryzen 5 3600のが速いですが、このマシンも頑張っていますね。これは以下で紹介しています。

130W電源でThinkCentre M75q-1 Tinyのベンチマーク

URL

ちなみに、このマシンはWEBサーバにしようと思いっていたのですがフォートナイトやるっていうんで息子に持っていかれてしまいました。。。なので、このブログはスマホPixel3のWEBサーバでがんばっています!

まとめ

今回、なんとなくわかったのは以下となります。

・Ryzen 5 3600 は、シングル2422.6 マルチ7919.0 のUnixbenchスコア
・2021/05/30時点でintelの次のCPUは、「Alder Lake」を2021年後半に発売予定
・これは10nmのようです
・特に困っていないので、7nmとか5nmのintelが出るまでじっくり待ちます

あとがき

Intelがこのまま、黙ってAMDを先行させるだけではないと思っていますが、苦戦しているようです。まぁ、しかし、普通の作業をしているだけであれば、Core i7 3770; (Ivy Bridge)でもぜんぜん十分で、いまだにサブマシン(メインマシンに近い存在)で頑張っています。このCPUは、第3世代のもので、今から約10年前にリリースされました。macosも10.8くらいから10.15(現在)でずっと使っています。重い作業するのは、ビルドするときくらいでしょうか。あとはアプリケーションを同時に30個くらい開いたりしながら作業するとき、少しもたつくくらいです。

著者にメッセージ

間違いのご指摘など、コメントじゃなくて、個人的にやりとりしたい場合はこちらからどうぞ。お返事が遅くなるときもありますが、ご了承を。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。