備忘録:Ryzen 5 3600のLinuxでUnixBench

じゃんくはっく
じゃんくはっく

WordPressの仕事が終わったんで、今日は好きなことやるよ!

WordPressの仕事もやってるのね!

ぴー
ぴー
じゃんくはっく
じゃんくはっく

だいたい、何でも頼まれたらやっちゃうよ!w

で、Linuxはubuntuですか?

ぴー
ぴー

そういえば、だいぶ前にRyzen 5 3600をメインマシンにしたんですが、これでLinux動かしてなくて、UnixBenchのスコアが気になっていました。Diskはさくっと入れ替えられるよう、2.5inchの脱着ベイをつけてありますので今回はこのマシンにUbuntuを入れてUnixBenchを計測してみようと思います。

Intelチップ、2022年までしばらくさようなら!
投稿日:  更新日:2020年11月13日

Link

もう1年以上使っていますね。intelがRyzenを盛り返すまで繋ぎで使っているんですが、なかなかintelは画期的なのを出しませんね。AppleはM1のオリジナルCPU出してきたし、5年後はintelが昔のAMDみたいになっていなければいいんですが。

Ubuntu 20.04.1 LTSでUnixBench

MacOS10.14.x でUnixBenchを計測した時は、マルチCPUで2323.1でした。Ubuntu 20.04.1 LTSで、Ryzen 5 3600は以下のスコアです。

UNIX Benchmarks (Version 5.1.3) on AMD Ryzen 5 3600

Single-Core Score:2422.6
Multi-Core Score:7919.0

詳細は以下です。SSDは、SLCのsata2 64GBです。

   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: mone: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 5.4.0-42-generic -- #46-Ubuntu SMP Fri Jul 10 00:24:02 UTC 2020
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 日  5月 30 2021 00:29:08 - 00:57:06
12 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       50630225.0 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     9059.2 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput                               7946.0 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks       1256459.1 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          338174.5 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       3192098.2 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             2633467.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 364452.5 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              10672.3 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                  10448.3 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   5218.2 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        3716288.0 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   50630225.0   4338.5
Double-Precision Whetstone                       55.0       9059.2   1647.1
Execl Throughput                                 43.0       7946.0   1847.9
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0    1256459.1   3172.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     338174.5   2043.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    3192098.2   5503.6
Pipe Throughput                               12440.0    2633467.7   2116.9
Pipe-based Context Switching                   4000.0     364452.5    911.1
Process Creation                                126.0      10672.3    847.0
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4      10448.3   2464.2
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       5218.2   8697.0
System Call Overhead                          15000.0    3716288.0   2477.5
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        2422.6

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 日  5月 30 2021 00:57:06 - 01:25:17
12 CPUs in system; running 12 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables      377415057.2 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                    85109.8 MWIPS (9.8 s, 7 samples)
Execl Throughput                              38242.8 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        870656.3 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          231207.7 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       2754722.9 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                            17510677.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                1622682.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              70024.7 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                  67019.5 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                  10011.7 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                       16785255.3 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0  377415057.2  32340.6
Double-Precision Whetstone                       55.0      85109.8  15474.5
Execl Throughput                                 43.0      38242.8   8893.7
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     870656.3   2198.6
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     231207.7   1397.0
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    2754722.9   4749.5
Pipe Throughput                               12440.0   17510677.3  14076.1
Pipe-based Context Switching                   4000.0    1622682.3   4056.7
Process Creation                                126.0      70024.7   5557.5
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4      67019.5  15806.5
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0      10011.7  16686.2
System Call Overhead                          15000.0   16785255.3  11190.2
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        7919.0

同じRyzenだと、ThinkCentre M75q-1 Tiny のRyzen 5 Pro 3400GE (3.30GHz, 2MB) が以下のスコアです。

UNIX Benchmarks (Version 5.1.3) on Ryzen 5 Pro 3400GE (3.30GHz, 2MB)

Single-Core Score:2151.7
Multi-Core Score:6552.1

Ryzen 5 3600のが速いですが、このマシンも頑張っていますね。これは以下で紹介しています。

130W電源でThinkCentre M75q-1 Tinyのベンチマーク

URL

ちなみに、このマシンはWEBサーバにしようと思いっていたのですがフォートナイトやるっていうんで息子に持っていかれてしまいました。。。なので、このブログはスマホPixel3のWEBサーバでがんばっています!

まとめ

今回、なんとなくわかったのは以下となります。

・Ryzen 5 3600 は、シングル2422.6 マルチ7919.0 のUnixbenchスコア
・2021/05/30時点でintelの次のCPUは、「Alder Lake」を2021年後半に発売予定
・これは10nmのようです
・特に困っていないので、7nmとか5nmのintelが出るまでじっくり待ちます

あとがき

Intelがこのまま、黙ってAMDを先行させるだけではないと思っていますが、苦戦しているようです。まぁ、しかし、普通の作業をしているだけであれば、Core i7 3770; (Ivy Bridge)でもぜんぜん十分で、いまだにサブマシン(メインマシンに近い存在)で頑張っています。このCPUは、第3世代のもので、今から約10年前にリリースされました。macosも10.8くらいから10.15(現在)でずっと使っています。重い作業するのは、ビルドするときくらいでしょうか。あとはアプリケーションを同時に30個くらい開いたりしながら作業するとき、少しもたつくくらいです。

著者にメッセージ

間違いのご指摘など、コメントじゃなくて、個人的にやりとりしたい場合はこちらからどうぞ。お返事が遅くなるときもありますが、ご了承を。

    工学社 の本、androidの改造 に掲載されたよ!

    なんと、このブログの記事が工学社の本に掲載されましたよ!

    ぴー
    ぴー
    じゃんくはっく
    じゃんくはっく

    なにぃー! こんなふざけたブログが本に載っただと!

    よかったら、本屋さんまたはネットでポチってね!

    ぴー
    ぴー
    じゃんくはっく
    じゃんくはっく

    ネタは「Pixel3のroot化」の件です。

    工学社 出版のI/O編集部さんが、「Androidスマホの改造」っていうタイトルの本を出されたのですがその中で、なんと、このブログの記事の一部が載っていますよ。ただいま、絶賛予約中です! 5/27発売です。

    出版社 : 工学社 (2021/5/27)
    発売日 : 2021/5/27
    言語 : 日本語
    単行本 : 112ページ
    ISBN-10 : 4777521494
    ISBN-13 : 978-4777521494
    寸法 : 14.8 x 1 x 21 cm

    元ネタとなった当ブログの記事はこれです。

    Pixel3・android11(R)正式リリース版でroot化!

    LINK

    内容抜粋

    工学社さんのサイトに抜粋がありましたので引用しておきます。第一章に、赤文字部分が掲載された部分です。

    ■非公式アプリを入れる―root化
     機械オンチでも出来る!Androidをroot化する方法
     Pixel3・android11(R)正式リリース版でroot化

    ■“スクショ”禁止のアプリで画像を保存 ―「Xposed」導入
     Androidに「Xposed」を導入する方法
     「Xposed」の使い方に関するアレコレ

    ■有志が作った最新OSでセキュリティ向上 ―ROM焼き
     「Xperia XZs」のROM焼き
     ROM焼き手順

    ■キャリア以外のSIMカードを入れる―「SIMロック解除」
     「SIMロック解除」とは
     「SIMロック解除」の条件と手順について

    ■高度なカスタマイズを可能に―adbコマンド
     「Windows」で「adbコマンド」を使う方法
     「Mac」で「adbコマンド」を使う方法

    あとがき

    こんなブログの記事が、まさか本になるとは思っていませんでした。依頼が来た時は、びっくりです! 汎用性がある記事っていうのは、目に止まるっていうことですかね。root化の記事もそれなりに需要があるということですね。

     今度は root化したらこんなことができるよっていう記事も書いていこうと思いました。今回の本にも載っている「あっとはっく」さんのサイトは面白い記事がたくさんありますね。見習いたいと思います。

    日々をハックする記事をお届け:あっとはっく

    LINK

    著者にメッセージ

    間違いのご指摘など、コメントじゃなくて、個人的にやりとりしたい場合はこちらからどうぞ。お返事が遅くなるときもありますが、ご了承を。

      TermuxでNGINX+php-fpm+mariadbを動かす具体的な設定例

      じゃんくはっく
      じゃんくはっく

      今日もTermuxとWordPress触っていくよ〜!

      今日は何するんですか〜?

      ぴー
      ぴー
      じゃんくはっく
      じゃんくはっく

      一時的にPixel3からUmidigiF2へスマホサーバを移動しようと思って設定を纏めておいた!

      設定の備忘録ですね!

      ぴー
      ぴー

      さて、最近記事をサボりがちでしたがコメントにて、「TermuxでWordPressを動かす具体的な設定例」が見たいとご意見をいただきましたので、自分のメモがてら纏めておきます。

      まずはUmidigiF2の電池交換

      アリエク:UmidigiF2 バッテリー(購入時は1,283円)

      Link

      UmidigiF2の電池が膨らんできましたので、アリエクで買ったUmidigiF2の電池に交換します。裏蓋は粘着テープで貼り付けられているだけなので、カードとかピックで分離します。

      NFCやカメラ部分がプラスティック部品で固定されているので、周りのネジ11本を外してバッテリーコネクタを外せるようにします。

      バッテリーの裏は透明なフィルムで剥がせるよう工夫されています。よく切れるテープとかは使われていませんでした。交換自体はPixel3とかと比べると非常に楽ですね。メンテナンス性は良いです。あとは両面テープを貼り直して裏フタを固定するだけです。

       さてと、では面倒な設定まとめを書いておきます。

      Termuxを入れてアプリを設定

      Termuxについては、Google Play Storeから入れます。root化していなくても大丈夫ですが、ポート制限があるので1024ポート以上でないとWEBサーバは公開できない仕様です。

      Termux:Google Play Store

      URL

      リモートから設定したほうが楽なので、最低限SSHを入れて起動しておきます。パスワードを設定しておきます。

      pkg update 
      pkg install openssh
      sshd
      passwd

      あとはリモートからSSH接続して設定していきます。面倒でなければSSH鍵認証の設定をしておいてもOKです。

      ssh termux_host_ip -p 8022

      他、アプリNGINX+php-fpm+mariadbも入れておきます。

      pkg install nginx php-fpm mariadb

      どんなバージョンが入っているか確認しておきます。

      dpkg -l | egrep 'nginx|php|mariadb'

      現時点、2021/05/11 時点では以下のバージョンになりました

      $ dpkg -l | egrep 'nginx|php|mariadb'
      ii  mariadb                    2:10.5.8       aarch64      A drop-in replacement for mysql server
      ii  nginx                      1.20.0         aarch64      Lightweight HTTP server
      ii  php                        8.0.6          aarch64      Server-side, HTML-embedded scripting language
      ii  php-fpm                    8.0.6          aarch64      FastCGI Process Manager for PHP

      2020/10頃は、PHPが7.4.xだったのでver8系になったようです。PHP8の新機能はここ参照。

      PHP7が良い場合は、ここにdebfileがあるようです。Wordpressを動かす場合はPHP7.4.12のほうが無難かも。あとで検証してみます。

       ※追記

      上記のdebfile だとエラーになって動作しないようでしたので、ビルドしなおしました。ここ参照

      NGINXの設定

      ホームディレクトリ以下にWEBのドキュメントROOTを作ります。どこでもいいのですが、termuxの$HOMEに作ります。自分の場合は、デフォルトのWEB ROOT(htdocs_default)と、www.gpl.jp ドメインのWEB ROOT(htdocs_nginx)を分離しています。

      $ echo $HOME
      /data/data/com.termux/files/home
      $ cd
      $pwd
      /data/data/com.termux/files/home
      $ mkdir htdocs_nginx
      $ mkdir htdocs_default

      あと、SSL関連のファイルを格納しておくのでそれ専用のディレクトリも作っておきます。SSL関連は以下を参照

      Termuxネイティブ環境でacme-nginxを使いワイルドカード証明書を自動取得!

      LINK
      $ cd
      $ mkdir -p ssl/gpl.jp/ 
      $ tree ssl
      ssl
      └── gpl.jp

      NGINXの設定ファイルを作ります。conf.dディレクトリに分離して設定ファイルを保存するのでディレクトリも作っておきます。

      $ cd
      $ cd ../usr/etc/nginx/
      $ mkdir conf.d

      オリジナルファイルをバックアップしておきます。UNIX系ではDiff取ったりして確認したりすることもあり、設定ファイルは消すより待避する癖をつけておいたほうが無難です。自分の場合は、_org が元あったファイルという意味にしています。

      $ cp -p nginx.conf nginx.conf_org

      今回の設定例では、root化してある端末なので、ポートは80と443にしています。root化していない場合は程よく読み替えてください。
      nginx.conf ファイルは以下のように設定しています。userは、termuxを入れた環境によって違いますので whoamiやidコマンドで確認しておきます。

      user  u0_a143;
      worker_processes  auto;
      worker_rlimit_nofile 4096;
      
      error_log  /data/data/com.termux/files/usr/var/log/nginx/error.log;
      #error_log  logs/error.log  notice;
      #error_log  logs/error.log  info;
      
      #pid        logs/nginx.pid;
      
      
      events {
          use epoll;
          multi_accept on;
          worker_connections  1024;
      }
      
      
      http {
          include       mime.types;
          default_type text/plain;
      
          charset            utf-8;
          sendfile           on;
          tcp_nopush         on;
          tcp_nodelay        on;
          server_tokens      off;
          keepalive_requests 100;
          keepalive_timeout  3;
      
          server_names_hash_bucket_size 64;
          types_hash_max_size 2048;
          client_body_buffer_size 64k;
          client_body_temp_path /data/data/com.termux/files/home/htdocs_default/tmp/client_body_temp 1 2;
      	
          log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                            '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                            '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';
      
          access_log  /data/data/com.termux/files/usr/var/log/nginx/access.log  main;
      
          gzip  on;
          gzip_vary       on;
          gzip_proxied    any;
          gzip_comp_level 6;
          gzip_types      text/plain text/css text/xml text/javascript
                          application/json application/javascript application/x-javascript
                          application/xml application/rss+xml application/atom+xml
                          image/svg+xml image/x-icon;
      
          ssl_session_timeout 30m;
          ssl_session_cache   shared:SSL:10m;
          ssl_session_tickets off;
          ssl_protocols TLSv1.2 TLSv1.3;
          ssl_prefer_server_ciphers on;
          ssl_dhparam /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/dhparam.pem;
          ssl_ciphers ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-SHA256;
      
          fastcgi_buffers         8 64k;
          fastcgi_buffer_size     64k;
          fastcgi_connect_timeout 60;
          fastcgi_send_timeout    60;
          fastcgi_read_timeout    300;
      
          proxy_connect_timeout 60;
          proxy_send_timeout    60;
          proxy_read_timeout    120;
          proxy_http_version    1.1;
          proxy_cache_bypass    $http_upgrade;
          proxy_set_header      Upgrade            $http_upgrade;
          proxy_set_header      Connection         "upgrade";
          proxy_set_header      Host               $host;
          proxy_set_header      X-Real-IP          $remote_addr;
          proxy_set_header      X-Forwarded-Host   $host;
          proxy_set_header      X-Forwarded-Server $host;
          proxy_set_header      X-Forwarded-For    $proxy_add_x_forwarded_for;
          proxy_set_header      X-Forwarded-Proto  $scheme;
          #proxy_set_header      X-Forwarded-Port   $server_port;
          proxy_set_header      X-Forwarded-Port   443;
          proxy_temp_path       /data/data/com.termux/files/usr/var/log/nginx/tmp;
      	
          ## cache_pathについては別ファイルで設定する
          include /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/conf.d/cache_path.conf;
      		
          server {
              listen *:80 default_server;
              server_name  _;
      		root   /data/data/com.termux/files/home/htdocs_default;
      
      		charset utf-8;
      
      		access_log  /data/data/com.termux/files/usr/var/log/nginx/host.access.log  combined;
      		error_log  /data/data/com.termux/files/usr/var/log/nginx/host.error.log warn;
      
      	    index index.html;
      	    include /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/conf.d/common.conf;
      
      	}
      
      	include /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/conf.d/www.gpl.jp.conf;
      	include /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/conf.d/gpl.jp.conf;
      	
      }

      SSLのdhparamは、以下で出しておきます。この意味についてはここ参照

      openssl dhparam -out /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/dhparam.pem 2048

      設定ファイルはインクルードしてあります。

      conf.d/cache_path.conf
      conf.d/common.conf
      conf.d/www.gpl.jp.conf
      conf.d/gpl.jp.conf

      まず、cache_path.conf の設定です。キャッシュディレクトリも作成しておきます。

      mkdir -p /data/data/com.termux/files/home/cache/hackgpljp
      mkdir -p /data/data/com.termux/files/home/cache/proxy.gpljp
      mkdir -p /data/data/com.termux/files/home/cache/wwwgpljp

      cache_path.conf

      location ~ /. {
      
      ## php-fpmでキャッシュを作る時
      fastcgi_cache_path /data/data/com.termux/files/home/cache/hackgpljp levels=1:2 keys_zone=gpljp:30m inactive=600m max_size=10g;
      ## proxy経由でキャッシュを作る時
      proxy_cache_path /data/data/com.termux/files/home/cache/proxy.gpljp levels=1:2 keys_zone=proxy_gpljp:30m inactive=600m max_size=10g;
      
      # www.gpl.jp or gpl.jp
      fastcgi_cache_path /data/data/com.termux/files/home/cache/wwwgpljp levels=1:2 keys_zone=wwwgpljp:18m inactive=5m max_size=10g;

      common.conf は以下です。

      ## .htpasswdとか . から始まるファイルへのアクセスは404で応答
      ## 403だとそのファイルがあるのが外からわかってしまう
      location ~ /. {
          return 404;
      }
       
      ## ファイルが無くてもエラーログを出さない
      location ~ /(favicon.ico|apple-touch-icon-*) {
          log_not_found  off;
          access_log  off;
      }

      このサイトのメイン設定 www.gpl.jp.conf は以下です。

      server {
          listen      80;
          server_name jh.gpl.jp www.gpl.jp www.gpl.jp;
      
          root   /data/data/com.termux/files/home/htdocs_nginx;
      
          access_log  /data/data/com.termux/files/usr/var/log/nginx/hackgpljp.access.log  combined;
          error_log  /data/data/com.termux/files/usr/var/log/nginx/hackgpljp.error.log warn;
      
          client_max_body_size 20M;
          ## キャッシュの設定:有効 -> 0 無効 -> 1
          set $do_not_cache 0;
          ## キーゾーン名
          set $keys_zone gpljp;
      	
          include /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/conf.d/common.conf;
          include /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/conf.d/hackgpljp_wp.conf;
          include /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/conf.d/add_header.conf;
      }
       
      server {
           listen      443 ssl http2;
           server_name jh.gpl.jp www.gpl.jp www.gpl.jp;
           root   /data/data/com.termux/files/home/htdocs_nginx;
      
           access_log  /data/data/com.termux/files/usr/var/log/nginx/ssl_hackgpljp.access.log  combined;
           error_log  /data/data/com.termux/files/usr/var/log/nginx/ssl_hackgpljp.error.log warn;
      
           client_max_body_size 20M;
           ## サイトのSSL証明書
           ssl_certificate     /data/data/com.termux/files/home/ssl/gpl.jp/gpl.jp.crt;
           ssl_certificate_key /data/data/com.termux/files/home/ssl/gpl.jp/gpl.jp.key;
      
           ## キャッシュの設定:有効 -> 0 無効 -> 1
           set $do_not_cache 0;
      
           ## キーゾーン名
           set $keys_zone gpljp;
      
           ## 必要な設定ファイルを読み込み
           include /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/conf.d/common.conf;
           include /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/conf.d/hackgpljp_wp.conf;
           include /data/data/com.termux/files/usr/etc/nginx/conf.d/add_header.conf;
      }

      ここで、インクルードしている設定は以下です。

      conf.d/hackgpljp_wp.conf
      conf.d/add_header.conf

      hackgpljp_wp.conf

      index index.php index.html;
      error_page 404 /index.php?error=404;
       
      # Deny all attempts to access hidden files such as .htaccess, .htpasswd, .DS_Store (Mac).
      # Keep logging the requests to parse later (or to pass to firewall utilities such as fail2ban)
      location ~ /. {
          deny all;
      }
       
      # Deny access to any files with a .php extension in the uploads directory
      # Works in sub-directory installs and also in multisite network
      # Keep logging the requests to parse later (or to pass to firewall utilities such as fail2ban)
      location ~* /(?:uploads|files)/.*.php$ {
          deny all;
      }
      
      set $is_mobile '';
       
      ## スマートフォン用のキャッシュを作る為の判定処理
      ## WordPress標準の wp_is_mobile() 関数と同じ判定処理
      if ($http_user_agent ~* '(Mobile|Android|Silk/|Kindle|BlackBerry|OperasMini|OperasMobi)') {
          set $is_mobile 'mobile.';
      }
      
      set $do_not_cache 0;
      
      ## GET メソッド以外はキャッシュを作成しない
      if ($request_method != GET) {
          set $do_not_cache 1;
      }
      
      if ($query_string != "") {
      	set $do_not_cache 1;
      } 
      
      ## キャッシュして欲しくないファイルは除外
      if ($request_uri ~* '/(wp-admin/|wp-login.php|wp-cron.php|xmlrpc.php|wp-json/|??feed|wp-json|sitemap.xml)') {
          set $do_not_cache 1;
      }
       
      ## ログイン済みのユーザー等、Cookie を持っていたらキャッシュを使わない
      if ($http_cookie ~* 'comment_author|wordpress_[a-f0-9]+|wp-postpass|wordpress_no_cache|wordpress_logged_in') {
          set $do_not_cache 1;
      }
       
      ## 画像ファイル等はブラウザキャッシュを効かせる (60日)
      location ~* .(jpg|jpeg|gif|png|css|js|swf|ico|pdf|svg|eot|ttf|woff)$ {
          expires 60d;
          add_header Cache-Control "public, no-transform";
          access_log off;
      }
       
      ## リクエストは index.php に投げる
      location / {
          try_files $uri $uri/ /index.php?$args;
      }
       
      ## NginxとPHP-FPMはソケットで繋ぐ
      ## HTTPステータスコードによって各キャッシュの有効期限を制御する
      location ~ .php {
       
          try_files $uri /index.php;
       
          include fastcgi_params;
          fastcgi_pass  unix:/data/data/com.termux/files/usr/var/run/php-fpm.sock;
          fastcgi_param SCRIPT_FILENAME  /data/data/com.termux/files/home/htdocs_nginx$fastcgi_script_name;
       
          fastcgi_no_cache     $do_not_cache;
          fastcgi_cache_bypass $do_not_cache;
          fastcgi_cache        $keys_zone;
          fastcgi_cache_key    $is_mobile$scheme://$host$request_uri;
          fastcgi_cache_valid  200 5m;
          fastcgi_cache_valid  301 302 1h;
          fastcgi_cache_valid  404 1m;
          fastcgi_cache_valid  any 1s;
       
          fastcgi_hide_header X-Powered-By;
      }

      add_header.conf は以下です。

      add_header Strict-Transport-Security "max-age=15552000"; 
      add_header X-XSS-Protection "1; mode=block";
      add_header X-Frame-Options SAMEORIGIN;
      
      add_header X-Content-Type-Options nosniff;
      add_header Content-Security-Policy "default-src * 'self' data: 'unsafe-inline' 'unsafe-eval' ;";
      add_header Referrer-Policy strict-origin always;
      add_header Permissions-Policy "fullscreen=() geolocation=()";
      add_header X-hacker "Hello. :-)";

      PHPの設定

      WordPressを動かすなら、少しPHPの上限を上げておくほうが無難です。termuxパッケージのPHPは、デフォルトファイルがないので、php.iniは以下に作ります。

      vi /data/data/com.termux/files/usr/lib/php.ini
      [PHP]
      upload_max_filesize = 64M
      post_max_size = 64M
      memory_limit = 128M
      
      [mail function]
      sendmail_path = "/data/data/com.termux/files/usr/bin/msmtp -C /data/data/com.termux/files/home/.msmtprc -t"

      iniで指定してある、phpからのメール送信設定は、msmtpを使っています。これは以下を参照。

      Termuxからメールを送れるようにするには?

      https://www.gpl.jp/2020/09/30/termux-smtp-client/

      NGINX+php-fpmの動作確認

      たくさんインクルードファイルがあって、わかり辛いかもですね。うまく動作しているか動作確認です。

      sudo nginx

      root化してある場合は、nginxはroot で動作させないとポート80,443にバインドできません。1024以上であればtermuxの一般ユーザで起動させます。

       起動時に何かエラーメッセージが出たらその対応をしていきます。

      mariaDBの設定

      冒頭でmariaDBのパッケージはインストールしています。ここでは初期設定をします。基本的には以下でいけるはずです。

      Termux Wiki : MariaDB

      https://wiki.termux.com/wiki/MariaDB

      mysqlに接続するコマンドは、リモートからではなくtermuxのスマホ本体から行ってください。リモートからだと、権限がらみでtermuxユーザでmysql接続、use mysql; ができません。

      mariadb を起動します。

      $ mysqld_safe &

      以下はリモートからではなくtermuxのスマホ本体から行ってください。

      mysql -u $(whoami)

      リモートからDB Toolを使いたいので権限をつけておきます。リモートホストIPや、passwordなどは程よく読み替えてください。

      use mysql;
      set password for 'root'@'localhost' = password('YOUR_ROOT_PASSWORD_HERE');
      GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO 'root'@'192.168.1.%' IDENTIFIED BY 'YOUR_ROOT_PASSWORD_HERE';
      flush privileges;
      quit;

      リモートのGUIツールから接続テストをしておきます。以下は、macのTablePlusというツールの画面です。

      termuxのsshユーザー名はなんでも良いです。ここでは無指定です。

      あと、デフォルトのcharacter-setを指定しておきたい場合は以下のようにします。

      vi /data/data/com.termux/files/usr/etc/my.cnf.d/server.cnf
      $ cd
      [client]
      default-character-set = utf8mb4
      [mysqld]
      character-set-server = utf8mb4

      utf8mb4は文字を1〜4byteで取り扱うので、こっちがよろしいかと。

      mariadbを再起動しておきます。

      $ ps axu | grep mariadb
       ※PIDを確認
      $ kill 30563
      $ mysqld_safe&

      WordPressを動かしてみる

      ほどよくDBを作成して、WEB ROOTにWordpressを展開します。

      $ cd
      $ wget https://ja.wordpress.org/wordpress-5.7.1-ja.zip
      $ unzip wordpress-5.7.1-ja.zip
      $ mv wordpress/* htdocs_nginx/
      〜省略〜

      以下、省略。PHP8環境でのWordPress動作確認は何か気がつけばネタにしたいと思います。

      まとめ

      今回、なんとなくわかったのは以下となります。

      ・現状の設定だとコメント投稿がうまく動作しない
      ・ジェットパックのいいね も動く時と動かない時がある
      ・TermuxのPHPパッケージが8になっていた
      ・WordPressがPHP8で問題ないか確認する
      ・とりあえず、wp5.7.1でプラグインが何もない状態であれば動いているように見える
      ・今、使っているプラグインやテーマを全部突っ込んでみて確認してみる

      あとがき

      サーバ設定とか、ほんとダルいですねー! 最近はインスタンスも1から作る機会なんてだいぶ減ってきているんで、こういう設定とかめんどくさいなーって感じました。AWSもGCCも、ずいぶん楽できる環境が整っているからそう感じるわけで。なんでもリモートできる、良い時代ですね。

      著者にメッセージ

      間違いのご指摘など、コメントじゃなくて、個人的にやりとりしたい場合はこちらからどうぞ。お返事が遅くなるときもありますが、ご了承を。