ライブとかで使われてるElectro-VoiceのSXシリーズをゲット!

じゃんくはっく
じゃんくはっく

いやー、久しぶり!

最近何やってたのよー!

ぴー
ぴー
じゃんくはっく
じゃんくはっく

いやぁね、いろいろ楽しいことがたくさんあってねw

今日は音楽ネタみたいね?

ぴー
ぴー

世間は緊急事態宣言の2回目という中、お家時間が増えていますね。仕事しながら、音楽を聞く時間も増えています。自宅なので、ヘッドフォンとかじゃなくてスピーカーから音を出して聞いています。今までは絨毯のスピーカーをずっと使っていました。今回、エレクトロボイスというメーカーのSx100+というのを使ってみましたがとても良かったので、記念に記事にしておきます。

絨毯のスピーカーって何?

絨毯のスピーカ

作り方とか載せてますので、よかったら見て行ってね!

こんな感じのスピーカーを自作して使っていました。意外と満足する音だったので、かれこれ10年くらい使っていました。再生環境の音源はPC(mac)からでアンプは2500円くらいのデジタルアンプ(TIのチップ、TPA3116D2)です。

オーディオマニアっていうわけではなくて、ごく普通か少しこだわっているくらいのものです。自分の音楽ライフ感は9年前に書いたココなんかを見てもらえるとわかるかなと。

そもそも好きな音って?
投稿日:  in music

で、今回、新しく調達したのはライブとかでも使われている業務用のスピーカーです。アメリカ製で、メーカーはエレクトロボイスのSXシリーズ。

エレクトロボイス Sx100+

このスピーカーはこんな感じのものです。

エレクトロボイスのSXシリーズはSx300という型番もあってこれが一番流通しているようです。Sx100というのはSx300と大きさは同じですがユニットの出力が少し小さいものです。小さいといっても200Wあるので十分過ぎますけどね。比較するとこんな感じです。

Sx100+
12″ passive loudspeaker
Sx300E
12″ passive loudspeaker
Frequency Range (-10 dB)60 – 25000kHz50 – 20000kHz
WeatherizedNoNo
FlyingYesYes
Minimum Impedance5.6Ω
Nominal Impedance (Passive)
HF Transducer1.25-inch DH3/2010A1.25-inch DH3/2010A
Speaker TypeFull-Range, Mid-High, Two-WayFull-Range, Mid-High, Two-Way
MF Transducer
Woofer Size12inch12inch
Powered or PassivePassivePassive
Frequency Range (-10 dB)¹
Max. SPL/1m (calc)²127dB131/123dB ()
Coverage (Nominal -6 dB) H65° ()65° ()
Coverage (Nominal -6 dB) V65° ()65° ()
LF Transducer12-inch12-inch DL12BFH
System Power Handling (Continuous/Program/Peak)200//800Watts ()300/1200Watts ()
Power Rating800W
Crossover Frequency1500Hz1500Hz
Connector Type
Enclosure MaterialCopolymer CompositeCopolymer Composite
Sensitivity 1 W/1 m98dB99dB
Available ColorBlack or whiteBlack or white
Height23.07″ (586mm)23.07″ (586mm)
Width16.89″ (429mm)16.89″ (429mm)
Recommended High-Pass Frequency
Depth12.28″ (312mm)12.28″ (312mm)
Internal CrossoverYesYes
Weight Net31.97lbs (14.5kg)39.02lbs (17.7kg)
Frequency Response (-3 dB)
Shipping Weight
FamilySxSx
Chassis Size304.8 mm304.8 mm
Power Handling (Continuous / Peak)
Input ConnectionsParallel Neutrik® NL42 four-pin Speakon
Maximum SPL
Directivity Index11.1dB ()11.1dB ()
Axial Sensitivity (SPL, 1 W @ 1 m)98dB99dB
Passive Power Handling
Transformer
Impedance
引用:https://products.electrovoice.com/na/en/sx

Sx300は、中古価格でも1本2万以上してペアだと5万弱します。Sx100は現在の中古価格だと1本1万ちょいなのでペアでも2.5万くらいです。安ければ2万くらいです。これなら手が届きそうすね! Sx300とは使われているユニットが少し違うのかもしれませんが、方向性は同じはずです。

PDF:Sx100Plus_Engineering_Data_Sheet.PDF

https://products.electrovoice.com/binary/Sx100Plus_Engineering_Data_Sheet.PDF

興味をもったきっかけ

音の焦点でおなじみのプロケーブルさんの記事を読んで以来、このスピーカーがどんな音が出るのかずっと気になっていました。

現代の無敵のスピーカーEV(エレクトロボイス) SX300E エレクトロボイスのベストセラー商品!

https://procable.jp/etc/ev_sx300e.html

しかし、結構お値段がするんですよね。新品は10万越えです。ずっと躊躇していました。しかし今回先に書いたように手が届きそうなので思い切ってポチりました! ちなみに、プロケーブルさんの一押しはエレクトロボイスのTOUR X(TX1152)です。

Sx100の音はこんな感じ!

すぐに音を出したいので、スピコン端子を速攻作って聴いてみました。音のレビューは、主観なところが多いのですが、言葉で感想を書くと、こんな感じです。

・・・・・・!!!
神ってる! 今までのとは異質! 無限に音楽聞いてられる!

いい音って中毒性があって、自分の好きな曲を無限ループで聞いてしまいました。こんな楽曲を聴いていました。よかったらどうぞ。

1・2曲を聴いた時点で寒気がしました。こんなに良い曲だったんですね。

まとめ

今回、なんとなくわかったのは以下となります。

・スピーカーを変えたら世界が変わった!
・エレクトロボイスのSx100は、お財布にやさしく自分には衝撃的によかった
・絨毯スピーカーと違い、音像が出るし、そもそも質が違う
・音の焦点はこれから検討していきたい
・8畳の部屋なら50W x 2 のデジタルアンプ(TPA3116D2)でも十分!
・しかし、スピーカーはそれなりに結構大きいのでそこは割り切る必要がある
・低音が少しだけ物足りないので、Mac側で少しブースト。これで完璧!
・S/N比 102dbアンプのホワイトノイズがこのSPをつけたらわかった

あとがき

これで音楽ライフが充実しそうです。まだ見知らぬ神曲に出会えるよう楽曲探求が楽しくなりますね! これから音楽ネタも増えそうです。

著者にメッセージ

間違いのご指摘など、コメントじゃなくて、個人的にやりとりしたい場合はこちらからどうぞ。お返事が遅くなるときもありますが、ご了承を。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。