どうやら、M2拡張スロットが壊れているようです

最近激務の JunkHack です。金曜もなんと夜中の3時までお仕事していました。

 

で、先日 M2 の SSD が来たわけですがなぜか移行が完了しませんでした。これはおかしいなと、一旦移行はキャンセルしてSSD をフォーマットしようとしたら、いつまで経ってもフォーマットが完了しません。Screenshot_8

フォーマットは出来ませんが、デバイスは正常なようです。はて?

Screenshot_3

フォーマットは出来ませんでしたが、以下のようにディスク自体は認識しています。

Screenshot_6 

「あ~、不良品のSSD をつかんだか?」とがっくししていました。アリエクは一旦、受領を押してもチャットからEva という機械受付の窓口から人を経由して、再度紛争の申し立てが出来ます。

 

一旦、紛争を再開しつつ切り分けとしてM.2 の USB を購入しておきました。

 

External_B_key_M_2_NGFF_SSD_to_USB_3_0_Super_Speed_Converter_Adapter_Enclosure_Case_6Gbs_Aluminum_Alloy_for_SATA_based_B_Key_SSD-in_HDD_Enclosure_from_Computer___Office_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group

 

ケース付きのと無しのを両方ポチッとしておきました。 最悪、USB 3.0 接続で内部に格納すればいいやということで。

 

B_Key_M_2_NGFF_SSD_to_USB_3_0_USB2_0_Converter_Adapter_Card_External_Enclosure_Case_Cover_Supports_Windows_for_Linux_for_Mac-in_HDD_Enclosure_from_Computer___Office_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group

SSD の初期不良ならこれで付けても認識しませんので、原因の切り分けができるかなと。あと、セキュアイレースもUSB タイプのほうがやりやすいので1つあると便利です。

TeBENCH ではセクタ数も見えています。しかし、Security Frozen が点灯しています。

 Screenshot_10

この状態だと、セキュアイレースが出来ません。ベンチマークもRAWモードで読み込みは出来ますが書き込みが出来ません。

Screenshot_9

こんな感じで、書き込みの途中で止まってしまいます。

 

で、USB3.0 が到着しましたのでこっちに付けたら、あっさりとフォーマット、セキュアイレースもできました。つまり、 SSD は壊れていないとわかりました。

問題のM.2 ドータカード(M.2 SSD card expansion)を取り外して、細部を見てみました。

S20180120_002

この拡張カードは、マザーボードから8pin のフラットケーブルで接続されています。基板上には、コイル、コンデンサ、スイッチング電源らしきICも見えます。目視チェックでは明らかに半田付け不良やコネクタ不良は見つかりませんでした。おそらく電源周りなのではないかと思います。なお、汎用品では8pin のは拡張カードは見当たりませんでした。

おそらく、マザーボードから出ている 8pin は 2本が電源で、残り6本が SATA のPIN アサインで使われているはずです。

SATAピン配置___特殊電子回路

http://www.tokudenkairo.co.jp/cosmok/sata.html
特殊電子回路株式会社

おそらく、マザーボードからの8pin のうち、4本が どれかが特定できれば M.2 to SATA が使えるはずです。M.2(NGFF)の電源は3.3V で、マザーボードからの電圧を降圧しているのではと推測しています。

USB3.0 で接続した m.2 SSD のベンチマークです。

Dari

なかなか速いですね。実用上十分です。

さて、まずは原因がわかったのですが、SATA のポートを利用できるよう M.2 スロットのドータカードのPIN アサインを調べる必要がありそうです。あとは、 USB 3.0 を内部で取り出す方法を考えないといけませんね。同時並行でメーカーに M2ドータカード単体で販売できるか聞いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。