ビールケース加工その1 9999円3DプリンターのDIY

9999円未満で作る3D DIY プリンターの続きです。本日は、ビールケース大瓶の底を抜き取りました。

P1300033

カッターをバーナーであぶりカット。超音波カッターがあれば楽なんですが。

P1300037

抜き取られた底。これは、ペイントするときのテスト素材にします。

P1300034

この素材は、ペイントの強敵らしく通常ではペイントが剥がれてしまうらしいです。ので、表面をバーナーで熱処理してから塗れば良いとの事らしいです。追ってテストしてみることに。予定ではつや消しブラックにしようかと思っています。

P1300035

当初、この縦置きにして上部を開口しようと思っていましたが、それほど高さがあるものをプリントするわけではないので、通常の置いた状態で使うことに。

もう少し、加工は続きます。あと、電源は以下のがジャンクにありましたのでこれを使うことに。薄型で1Uサーバの電源で250wくらいあります。

P1300036

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。