ゆっくり、していってね!

じゃんくはっく
じゃんくはっく

最近、外れジャンク品ばっかりでゴミが増えるー!

ネタになりそう?w

ぴー
ぴー
じゃんくはっく
じゃんくはっく

使えるパーツをどう流用するかもう少し研究しないとですねー

外れもあるし、アタリもあるのが醍醐味なのかな?w

ぴー
ぴー

最近のブログネタです!


Jun k Hack

著者について

こんにちは! このブログを書いているジャンクハックです。DIYネタが多いのですが、まぁゆっくりしていってください。最近、このブログの引っ越しをしてスマホの中で動いているんですよ。Termuxっていうやつでね。これホント面白いオモチャです。


全部のネタからランダムピックアップ

過去記事ですが、よかったら見ていってくださいね。

GCP f1-micro の UnixBench
前回の続きです。 今回は、f1-micro(vCPU x 1、メモリ 0.6 GB)の基本性能を UnixBench で計測してみました。ゾーンは、東京(asia-northeast1-a)です。 メモリが0.6GB なので一応スワップを作っておきました。 # dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1M count=1024 …
X-Windowsを入れてみる
さて、Pi2 にFedora22 を入れたわけですが、サーバに使うか、クライアントに使うかで迷っていまして。   Pi2 をサーバで使うんだったらGUI 環境は入らない派なので今まで見向きもしてきませんでした。しかし、よーく考えてみると以下のようなシーンが想像されます。 ・arduino や ESP8266 でシンプルな仕組みを作り、それらを集合させ、画面に表示させるもの 今や、24インチのHDMI ディスプレイが1.5万程度で買える時代なので、工作の幅と表現が増えると面白いんじゃないかと思い、興味を持ち始めています。   候補としては、以下の3つでどれが使いやすくて開発しやすいのかまだよくわかりません。Anjuta (アニュータ)+ Glade いうGUI 統合開発環境があるようです。なんと、GTK/GNOMEによる …
espeink make その2
作者にヘルプ要請を出しておきました。作者からレスポンスがあるまで、自分なりにもう少し調べみます。 その後、再調査でSDK 1.3.0を使うと、 unknown type name ‘uint16_t’ が出るようです。以下に情報が。 https://github.com/pfalcon/esp-open-sdk/issues/90 これは、再度指定すれば回避できそうです。 …
V-Slot の圧入したタイヤの取り外し
しばらく策を練ること、5分。カスタムな道具を作ることも考えましたが、そこまで労力はかけたくないので取り外しに使えそうなパーツがないか、Junk箱を漁っていると閃きました。 木ネジの固定用のパーツです。これに木ネジのでかいサイズをねじ込んで、引っこ抜いたら取れました。 なかなかいい仕事をしてくれる木ネジパーツでした。まさか、V-Slot のベアリング外しに使われるとは思ってもみなかったことでしょう。あと、黄色のツメが出ているくるみ割り用の固定器具も地味に便利です。これもアリエクです。 で、スペーサを組み込んで、回してみました。 しかーし、とんでもなく回りが悪いんですよね、今までの苦労はなんだったと思わせる回りの悪さ。キコキコと音がなって明らかにベアリングが本来の位置にいない感じです。おそらく、スペーサの厚みが足りず、左右からボルトで閉めるとベアリングの位置が微妙に左右にずれるんでしょう。微調整すればそれなりに回るかもですが、、、、 もう、この時点で8mm のベアリングを使うのはあきらめました。ついでに、昼寝(ふて寝)しました。 このスペーサ作りで得られたことは、0.25mm 設計のプリントパーツは、0.2mm …
YEPO 737A に Win10home をクリーンインストールした
先日、YEPO737A を売ってしまおうとブログに記載したところ早速お声がかかりました。 Windows10home 日本語版をクリーンインストールしましたので、その方法を備忘録がてら書いておくことにします。他の中華PCでも似たような手順で出来ると思います。   ■事前準備と全体の流れ ・必要なファイルはバックアップ ・ライセンス認証後、プロダクトIDは一応メモしておく ・Win10 の ISO をダウンロード ・現状のドライバーをDouble Driverでバックアップ ・8GB程度のUSBを用意(MicroSD とかでもOK) ・ISO を ブータブルUSBにするため、Rufus を用意 ・回復ドライブを後方に作成するため、パーティション構成をバッチで作成 ・USBブートさせるため、BIOS起動 ・初回のUSBブート後は、パーティション作成のため、「コンピューターを修復する」を選択 ・コマンドプロンプトからバッチ起動しパーティション作成 ・2回目のUSBブートで作成したパーティションにインストール   ■必要なファイルをバックアップ eMMC の 64GB の起動ディスクは全部フォーマットしてクリーンインストールしますので全部消えます。必要なファイルはバックアップしておくようにします。 一応、ライセンス認証を通しておきプロダクトIDはメモしておきます。以下の画面をコピーしておきます。 ■Windows10 の ISO を MicroSoft からダウンロード 別PCから、マイクロソフト社のサイトに行って Windows10 の ISO をダウンロードしておきます。   ■現在のドライバーを一括バックアップ Double Driver というツールで、ドライバーをバックアップ。バックアップし忘れちゃった人は、以下からダウンロード 737A_DRIVERS https://drive.google.com/open?id=1KxRG4fW0CjjfUhKG1TssjKiiv8jmn5je ※フランスのHodinさんが公開しています。リスクは自己責任で。 ちなみに、YEPO737A …
衝撃価格7500円でゲットしたRedmi Note 9SにLinux入れてUnixBenchを計測
いやー、もう8月も終わりに近づてきましたね〜! 皆さんはどっか行きましたか? 自分はお盆休みもバイクをモリワキカラーに塗っていましたよ。どこにも行ってないので、そろそろプチ旅行したいです。バイクに乗りたいですね。 さて、今回はOCNモバイルONEの乗り換えキャンペーンで激安7500円で新品本体をゲットしましたRedmi Note 9S にUnixBechを走らせてみたいと思います。 AndroidスマホなのにLinux上で走るUnixBenchをどうやって動かすってことですが、これは、TermuxというAndroidターミナルエミュレーター+Linux環境構築アプリがあります。この環境で、UnixBenchをビルドしてスコアを計測してみました。antutuは28万くらいらしいのですが、UnixBenchはどのくらい出るでしょうか。ちなみに、UmidigiF2は、前回 シングルCPU・・・スコア406.2 8CPU・・・・・・スコア1312.3 のスコアが出ました。 まだシステムのアップデートする前なんで、少しkernelバージョンは変わるかもしれませんが、計測時のスマホの状態を貼っておきます。Redmi Note 9Sは、CPUがUmidigiF2よりも速いので、1500くらいのスコアが出るかもなーと思っていますが、さてどのくらいになるでしょうか? まぁ、前置きが長かったのですが、やってることは大したことはないです。まずはGoogleStoreから、以下のアプリを入れておきます。これなんて読むんですかね? たーむゆーえっくす とか、たーむっくす とかかな? openssh を入れてリモートから作業します。スマホ画面では、最低限以下を入れて起動しておきます。 pkg install openssh -y && sshd WiFi アドレスを確認しておきます。 ip a | more または、 ip a | grep inet | grep wlan もっとズバリIPだけ取り出したい場合は、 ip -4 a …
Wanhao の LED 照明を作ってみた
少し前に、アリエクで LED を買ったんですが、これを Wanhao 3Dプリンターの前面に付けるアダプターを作ってみました。まだ、これからプリントしますが、LEDの光がすけるように 0.5mm 厚でロゴに光が透過する感じでパネルを脱着式にしてみました。 こうやって作っておけば、カスタマイズしたいヒトがパネル部分だけ作れると思うのでいいかなと。Make: のロゴが好きなので、これを赤く浮かび上がらせるようにしておきました。 アリエクでゲットしたLEDは、以下で100個で 200円ほど。 光が前方に集中するタイプです。 LEDは、4つ直列に付けて、12V で光らせる予定です。ブレッドボードで光らせてみたところ、少し青みがある光で、もう少しナチュラルなのがほしいところです。 …
新しい通勤自転車を考えることに
最近仕事が忙しく、まったくブログを更新できていません。ちょっと工作もお休み状態です。   で今回のネタは自転車です。MTB での通勤もはや、3年。これまで2台を交互に乗っていました。新バイクにしてから距離も3000km になりました。 恒例の交通費支給日なので、目新しいものを作ってみようかと思います。ずっと昔から欲しかった以下の自転車で、当時は2.7万くらいでしたが、今は3.2万ほど。これにするなら、前輪のディスクは油圧に変更予定です。このミニベロはホイールベースが長いのと前輪がディスクで、ゴールドパーツが使ってあるのが気に入っています。 あと、もうひとつの候補はアリエクでカーボンのMTBにしようかと迷っています。26インチのMTBです。shimanoの油圧ディスクブレーキもついています。重量は、13kg なので上のミニベロのほうが軽いですが、MTB にしたら軽いです。カラーリングはこのグレーのが気に入っています。 まぁ、こっちの値段は送料入れて7万ほど。倍以上値段が違うので比較するのもなんですが。sava というメーカーは中国の自転車メーカーで、そこそこ面白い自転車をリリースしています。品質はわかりませんが、まぁ悪くはないと思います。価格差が4万あるので、それをバッテリーの予備に回したほうがまぁいい感じかもしれません。しかし、カーボンフレームのMTBも安くなりました。   …
チャットツールの slack を中心にプロジェクト管理やガントチャート作成、タスク管理を自分自身でやってみた。
自分プロジェクトも、結構なぁなぁになってしまうので何か進捗を管理していくようなものがほしいなとリサーチしてみました。こういうライフハック的なツール類はどんどんいいのが出てくるので、最近の事情はどうなのかなとリサーチしてみました。 今回のネタは、「自分のプロジェクトを自己管理」してみるツール探しです。   こういうツール類は、リモートで作業や打ち合わせするとき、スカイプや Googledocs が非常に強力で気に入っています。しかし、チャットツールにもう少し特化したものと、ガントチャートやタスク管理なども使いやすいのが欲しいなと。で、最近の状況を確認してみました。 スタートアップ企業だとこういう新しい情報はどんどん入ってくるのですが、保守的な職場だとこういう情報に疎遠で寂しいんですよね。   で、あれこれ調査してみると、結構いいのがたくさんあります。 直感的に、どうやら最近は、slack(チャットツール) や asana(タスク管理) 、Instagantt(ガントチャート) というのが良いようです。 使ってみると、結構いい感じで、slack はたとえば画像なんかもスムーズに貼り付けられます。以下はosx のローカルアプリケーションです。windows …
100円ショップにあるかな?
DC/DC降圧コンバータ の面白い記事を見つけたので、メモ。あとで、100円均一に行く用事があるので、見てこよう。 http://www.kansai-event.com/kinomayoi/koneta/dcdc2.html http://diystompbox.net/dc9/dc9.html ジャンク箱あさったら、STのL7905CVが出てきたので、仕様書PDFのメモ。 http://www.datasheetcatalog.org/datasheet/stmicroelectronics/2149.pdf 負電圧か。