ゆっくり、していってね!

じゃんくはっく
じゃんくはっく

最近、外れジャンク品ばっかりでゴミが増えるー!

ネタになりそう?w

ぴー
ぴー
じゃんくはっく
じゃんくはっく

使えるパーツをどう流用するかもう少し研究しないとですねー

外れもあるし、アタリもあるのが醍醐味なのかな?w

ぴー
ぴー

最近のブログネタです!


Jun k Hack

著者について

こんにちは! このブログを書いているジャンクハックです。DIYネタが多いのですが、まぁゆっくりしていってください。最近、このブログの引っ越しをしてスマホの中で動いているんですよ。Termuxっていうやつでね。これホント面白いオモチャです。


全部のネタからランダムピックアップ

過去記事ですが、よかったら見ていってくださいね。

ESP12 ファームウエア
前からやりたかったんですが、後回しになっていたESP8266(ESP-12) のファームウェアの書き換えです。 いろんなところで紹介されているので、いまさらですが、忘れてしまうためにメモしておきます。   2014.08.09 現在で、オフィシャルのファームウェアは、以下のようです。昨日リリースですか! Latest Version 1.3.0 Release date Aug 08, …
Termuxからメールを送れるようにするには?
さて、今回はメールを取り扱います。ですが、別にメールサーバを作るわけではないです。やりたい事は、こんな感じ。 ・コマンドラインからメールを送れるようにしたい・WordPressのプラグインからメールを送れるにしたい・Cronとかの結果をメールできるようにしたい・配送先はgmail! Termux環境でお手軽にメールを送るには? メールを取り扱うってことは、いろいろ用意する必要がありますが、今回はメールを他のサーバに送るだけです。Termuxでメールを受信したり、imapのメールを読み書きして送受信したり、あるいは他のサーバからリレーしたりということは今回はしません。内部配送もtermux は1ユーザしかいないのでしません。このあたり、MTAとかMUAとかMDAとか用語がありますが、興味のあるかたはここがわかりやすいです。 メール転送エージェント (MTA)https://wa3.i-3-i.info/word11120.html そんなこたぁーわかっとる! っていうベテランも改めてどうぞw メール設定で最初につまずく『SMTP』『POP』『IMAP』 その意味&設定方法は?https://time-space.kddi.com/ict-keywords/kaisetsu/20170824/2081 つまりは、SMTPクライアントだけあればいいんです。 お手軽なSMTPクライアント!msmtp 一般的なLinuxなら、postfixとかsendmailとかありますよね。でもTermuxのバイナリにはありません。でも、SMTPクライアントならあります。 msmtphttps://marlam.de/msmtp/ これ、実は今まで知りませんでした! 一応、メールサーバ関連はsendmailや、qmailや、postfixはさわった事があるのですが msmtpってのは取り扱う機会もなくて、こんなのがあったのかという印象です。機能は、こんな感じ! Sendmail互換インターフェイス(コマンドラインオプションと終了コード)複数のアカウントのサポートクライアント証明書を含むTLS / SSLサポート国際化ドメイン名(IDN)のサポート多くの認証方法コマンドパイプラインを使用した高速SMTP実装DSN(配信ステータス通知)のサポートSOCKSプロキシサポート ステップ1 とにかく入れてみる! まずは、使ってみましょう。インストールは簡単です。 $ pkg install msmtp このあたりに入るようです。 $ find $PREFIX -name *msmtp* /data/data/com.termux/files/usr/bin/msmtpd /data/data/com.termux/files/usr/bin/msmtp /data/data/com.termux/files/usr/var/lib/dpkg/info/msmtp.list /data/data/com.termux/files/usr/var/lib/dpkg/info/msmtp.md5sums /data/data/com.termux/files/usr/share/doc/msmtp /data/data/com.termux/files/usr/share/info/msmtp.info /data/data/com.termux/files/usr/share/man/man1/msmtp.1.gz /data/data/com.termux/files/usr/share/man/man1/msmtpd.1.gz ステップ2 設定 ここの説明がわかりやすかったです。参考にしました。 msmtp – ArchWikihttps://wiki.archlinux.jp/index.php/Msmtp つまりは、以下の設定ファイルを書けばOKです。システム全体は etc 配下に書きますが、今回はホームディレクトリ直下です。gmailのsmtpを使います。 ~/.msmtprc —————— # Set default values for all following accounts. defaults auth …
Raspberry Pi 2 Model B
前から触りたかったRaspberry Pi をやっとぽちりました!   ケースは、これがいいかなと。 休み明けにしかいじれないように、土曜日にRSさんへ発注したので来るのはGW明けです。前、MINIXいじってて、FWを書き換え失敗して置物になってしまったので、今度の Raspberry Pi 2 はしっかり遊びたいです。GWは、ESP8266 …
Intelチップ、2022年までしばらくさようなら!
2019年は、intel より AMD が市場を奪った記念する年になりました。 ということで、ついに昨年末に mac の構成を変更しました。Intelの10nm 以下になるまで待とうと思っていましたが、一向に出てこないので Ryzen に乗り換えです。AMD Ryzen 5 3600 と手頃なところで妥協しました。次のintel が出るまでこれでお茶を濁す作戦です。6core12スレッドです。 Benchmark Run: 金 3 13 2020 01:07:28 – 01:43:32 12 CPUs in …
稼働率・SLA99.95%をスマホ自宅サーバで目指せ!まずは1ヶ月間
目標を持つのは、大事だよなということで、せっかく自宅サーバを運用しているので遊び感覚で、稼働率SLA99.95%を目指してみることにします。今、検討しているsite24x7のサービスは、この稼働率を算出する仕組みもあるようです。 SLA99.95%とはどのくらいダウンが許されるのか? 稼働率 => 月間ダウンタイム計算ツールhttps://cloned.jp/sla-calc/ こんな便利な計算サイトがありました。ここで計算してみると、99.95%とは1ヶ月に21.6分以内であればOKということです。年間だと、262.8分(4.4時間)以内であればOK。 site24x7で、SLA設定をしてみる! 現在、検討中の監視サービス・site24x7は、目標のSLAを設定できます。世界各地の拠点、8箇所から1分間隔で監視しています。そこから算出してくれる大変、便利な機能です。設定は、管理>SLA設定 から行えます。 営業時間は設定していませんので、24時間が対象ということです。 現在の稼働率はどのくらい? まだ、9/20から始めたので1ヶ月は経過していませんが現状は以下の通りです。 9/21と23日に停止時間があり、落ちていた時間は8分40秒ということです。現在は、99.852%の稼働率ということがわかりました。 評価期間・1ヶ月でSLAをチャレンジ! 良い目標ができたので、とりあえず1ヶ月後の10/20にSLA目標が達成できるかチャレンジしてみようと思います。今のところ、8分40秒ダウンしていますので、あと猶予は約12分間です。あと25日間で12分ダウンさせなければSLA99.95%を達成できます。  うーん、こうして計算してみると結構大変な気がします。まず、1台のスマホサーバでやっているのでダウンしたら12分なんてあっという間でしょう。あと寝ている時間とかに、ダウンしたら終わりですね。年間を通じて、99.95%を維持しようとするなら、ロードバランサーや複数台構成が必須だと思います。停電っていうのもありますしね。スマホ自体は電池があるから無停電電源装置がついているようなものですが、ルータ周りやHUBなど対応する必要がありそうです。 まとめ だいぶ煽られていますがまとめます。今回、なんとなくわかったのは以下ですね。 ・稼働率SLA99.95%とは1ヶ月に21.6分以内であればOK・1年なら、262.8分(4.4時間)以内であればOK・監視サービス・site24x7は、サイトを客観的に見るために有用だ・監視サービス・site24x7(有料版)は、SLA目標を設定できレポートが作れる あとがき こうして自分で体験してみると結構大変そうだなって思いました。また1ヶ月後に具体的な数字が出るのでそこで、何かまた発見があるかもしれません。 余談ですが、世界各地8箇所から応答時間をモニタリングしていますが、なんと国内からよりもロサンゼルスからが一番品質が良いようです。 東京など国内は、ロスからのように平坦ではないです。今、InterLinkのPPoEのIP固定使っています。国内のほうが速いだろうと思っていましたがこれは以外な発見でした。site24x7のサービス、すごく良いと思います。
1000uf のTantalum を載せたよ
メインボードにTantalumのデカイのを載せておきました。 とりあえず、1000uF でいいやと思い、サイズを確認せずに買ったんですが調べてみると7343 というのはかなり大きかったです。 かなり無理やりのせた感じです。あと、電流計測とスイッチ代わりのジャンパーをハイサイド(プラス側のことのようですが、電子回路ではこういう表現を使うようです)側に作成。 結構な大きさのようで、もう少し小さいので良かったかなぁと。 20個で1258円。@63円でパーツとしては高価な部類です。 Tantalumって、鉱石でできた極性のあるコンデンサなんですね。耐用年数が電解コンデンサーよりあるのと、電解コンデンサーよりは同じ容量ならサイズが小さいというメリットが。   …
ESP12単体で光センサーアナログ読み
Aliexpress経由で購入した素材で遊びました。 20個で、98円のGL5528光センサーをつけてみました。 20個で98円ということは、1個あたり約5円ですね。 ADC にこんな感じでつけてみました。 当初ADC Pinにつけても値が拾えず、抵抗値を可変で調整したらうまく値が取れました。このADC-GND間の電圧は、強い光を当てた状態で約1.13Vくらいです。夜、電気をつけた状態で0.98Vくらい。手で覆うと0.6Vくらいになる感じです。   コードは以下のようです。エラー処理が抜けているのか、バグがあるのかわかりませんがちょっと不安定です。 /* ESP8266 HTTP …
プリント基板データを作成中
だいぶ、自動配線のコツもつかんで、Eagle の操作も少しづつ覚えてきました。Name の文字の大きさや位置を調整するのがわからなかったのですが、どうやら、smash してから文字を選択できる状態に分解して回転や、右クリックでプロパティーで文字の大きさやスタイルなどを調整するようです。   自動配線のコツは、ある程度配置を最善にして90%くらいまで最初に配線。その後、部分的に消したり、一部手動で途中まで配線したりして、再度自動配線をすると、うまくいきます。   インダクタは、流通も多いTDK のこれを使うことに。接地する面が少なく、配線しやすい。 SLF7045T-220MR90-PF datasheet …
備忘録:macosの静的ルートの追加
いつも忘れてしまうので、メモしておくことに。Linuxとは、少し違い永続的な設定方法は専用コマンドがあります。networksetup コマンドです。 ・ネットワークデバイス名の一覧 $ networksetup -listallnetworkservices An asterisk (*) denotes that a network service is disabled. Built-in Serial Port (1) Ethernet iPhone USB Wi-Fi Bluetooth PAN ・ネットワークデバイスの情報 $ networksetup -getinfo Ethernet DHCP Configuration IP address: 192.168.1.26 Subnet mask: …
本体側への装着はだいたい終了
休み中には完成できませんでしたが、本体側はほぼ終了。 USB,VGA,SP はホットボンドでくっ付けました。本体は側面を作り、上からもうひとつのラケットで覆う感じにします。   USB の先に付くコントローラA,Bの加工はゆっくりやっていきます。 とりあえず工作三昧の夏休みでした。さぁて、完全に夜型になってしまいまいた。今日からお仕事です。がんばりますか。